光脱毛での全身脱毛の施術可能な部位とは!?

知りたい!光脱毛のこと

光脱毛とは肌に光を当てることで、毛根にあるメラニンにダメージを与えて毛を生えにくくする脱毛方法です。光がカメラのフラッシュに似ていることから「フラッシュ脱毛」とも呼ばれています。毛の周期には「成長期」「退行期」「休止期」と3つの周期があり、脱毛に適した時期は「成長期」であるといわれています。その理由は、光脱毛はメラニン色素に効果を発揮する為、成長期に施術を行うのが一番効果的なのです。早く終わらせたいからと、「退行期」や「休止期」に施術をすると効果が薄くなってしまう場合もあるので、自分の毛周期を把握することも必要です。また、光脱毛は効果が現れるのは基本的にゆっくりだといわれています。ツルすべ肌を手にいれる為には、毛周期に合わせて施術を行うことが理想なので、焦らずに通った方がいいでしょう。

全身脱毛ってどこまで施術出来るの?

光脱毛は基本的に全身施術可能といわれています。薄着の時期に人目に触れやすい脇や腕・自己処理がしづらい背中やVIO・メイクのりがグッと良くなる顔の毛まで、粘膜を含むパーツ以外は脱毛出来ます。ですが、エステサロンによっては日焼けした肌やほくろ・シミや産毛のある場所は施術出来ない場合もあるので、心配な方は事前に確認をしておくといいでしょう。なかには『全身脱毛に挑戦したいけど痛いのはちょっと…』と不安な方もいるかもしれません。でも大丈夫です。光脱毛は医療脱毛に比べて光の出力が低いので、痛みの少ない脱毛方法といわれています。もちろん痛みの感じ方には個人差がありますので、不安な方はエステサロンのスタッフさんに相談をしましょう。