光脱毛は痛みや肌トラブルが少ない!

光脱毛は痛みを感じにくい

光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれ、脱毛部位に何度も光を照射して毛根のメラニンにダメージを与え、ムダ毛を少しずつ減らしていく脱毛方法です。医療用のレーザー脱毛と比較すると光の出力が弱いため効果が出るまでに時間がかかる一方で痛みを感じにくいというメリットがあります。また、光脱毛の中にもIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン脱毛等複数の種類が存在し、それぞれ痛みの感じやすさや効果の強さが異なります。基本的には痛みが強めのものほど脱毛効果が高いと考えてよいでしょう。とはいえ、最も痛みが強いと言われるIPL脱毛であってもレーザー脱毛よりは痛みを感じにくいため、気軽にチャレンジすることができそうです。脱毛する部位や毛の量などによって適切な施術プランを選ぶようにしましょう。

美肌効果が期待できる

光脱毛はレーザー脱毛と比較して弱い出力の光を長期間にわたって少しずつ照射することで脱毛を行います。そのため、肌にストレスがかかりにくく術後の副作用や肌トラブルが起こりにくいと言われています。また、光脱毛の一種であるIPL脱毛はフォトフェイシャルという美肌用の施術が元となって出来上がった脱毛方法であるため、脱毛効果に加え毛穴引き締め効果やしみ、そばかすを減らす効果が期待できます。さらに別の光脱毛法であるSSC脱毛では光を照射する前に特殊なジェルを塗布しますが、そのジェルにも美肌効果があります。脱毛効果の強さだけでなく肌に対する刺激も考慮したいのなら医療用のレーザー脱毛ではなく光脱毛を選ぶのがよさそうです。